楽天トラベル 海外航空券予約
稼ぎたくない方は決して見ないでください

アイデム&とらばーゆ求人情報収集

アイデム求人情報:紹介予定派遣特集

アイデム求人情報特集で、紹介予定派遣というのがありました。

紹介予定派遣というのは、社員で働きたいと思っている方のために、いったん派遣社員で働き、派遣期間終了後に社員として派遣先へ採用される制度です。

派遣先企業にとっては、派遣期間内に人材レベルを判断できますし、派遣社員も社内の様子がわかりますから「入社したけどこんなはずじゃなかった。」なんてミスマッチは起きにくいはずです。

派遣先で認められれば社員に昇格できますし、もしダメでも派遣期間は満了したわけですから履歴書にキズは付きません。


アイデムにも紹介予定派遣の求人情報は多数掲載されています。
今までは一般事務系が多かったのですが、最近はいろいろな職種で紹介予定派遣の求人情報を見ることができます。
例えば、

●営業事務 ●通関事務 ●看護師 ●設計 ●プログラマー ●WEBデザイナー ●企画・販促・マーケティング ●営業・企画営業 ●販売・レジ ●商品開発 etc・・・・。

これだけ求人情報があれば選択の幅は広がりますね。
アイデムの求人情報を見る時は、紹介予定派遣というキーワードも忘れずに確認してください。




タグ:派遣

アイデム&とらばーゆ求人情報収集

アイデムの求人情報 会社ウォッチングが大事

アイデム、特にe−aidemで求人情報をチェックしていると、その企業の詳しい情報を見ることができます。

アイデムの場合、求人情報を作る時に営業担当がその会社へ取材に行き、いろいろと詳しく話を聞いて原稿を作ります。

求人を出したい会社に原稿作りを全て任せると、ウソの情報が多くなったり、、、間違いが増えたりする可能性があります。

アイデムのように取材をして原稿を作るスタイルであれば、チェック機能が働き、偽の情報が出てくる可能性は非常に低くなるはずです。

しかしながら、求人情報は「うちの会社にぜひ来てくださいね!」という宣伝ですから、基本的には良い情報ばかりで、ネガティブな情報はほとんど書くことはないようです。

会社の内部を知るにはやはり、面接時が最大のチャンスになります。

説明会を会社でやる場合も同じですが、やはりその会社に行くことで求人情報には書いていない内情が見えてきたりしますね。

社員の服装が乱れているとか、応対が悪いとか、社員同士の会話が乱暴だとか、動物の剥製やおかしな美術品などがたくさんあるとか・・・。

良い会社はシンプルで応対もスマートです。
社員同士のやり取りもフレンドリーながら丁寧ですね。

ちょっとおかしいなと思ったらやめた方が賢明です。

直感はあたります。

私はその直感に従わず、条件に惹かれて入社して失敗・・・
タグ:aidem

アイデム&とらばーゆ求人情報収集

アイデム 求人情報のトラブル

アイデムにはたくさんの求人情報が掲載されていますが、すべての求人情報はアイデムの担当者が直接取材をして原稿を書いています。

ただ、絶対にトラブルがないかと言えば、やはりこれだけの求人情報があるとトラブルも時々起きているようです。

■求人広告と仕事内容が違う

■求人情報に載っていた給料と違う

■求人情報に載っていた休日や待遇と違う

■内定をもらってから条件が変わった

など、中にはいい加減とも言える企業からの求人情報もありましたね。

こういった企業は大企業ではなく、地方の中小企業に多いです。特にワンマン経営の会社はチェックをしっかりしないと痛い目にあいます。

もし求人情報と実際の条件が違う場合は、アイデムに相談してみてください。e−aidem(イーアイデム)のサイトの右上にある「ご意見・お問い合わせ」とクリックすれば、メールフォームに飛びますので。

また逆に転職希望者が起こしているトラブルも増えています。
e−aidem(イーアイデム)はWEB応募ができますが、簡単にエントリーできるため、架空の名前や住所を使ったり、他人に成りすまして応募したりする事例が出ています。これはいただけません。

アイデムに求人情報を出す企業も、良い求人情報がないか探す求職者も双方が真剣ですから、水を差すことのないように正しく利用して欲しいですお互いに・・・

アイデム&とらばーゆ求人情報収集

アイデムの求人情報:天職の見つけ方

アイデム求人情報で天職を見つけられたら奇跡ですね。
天職なんてなかなか出会えるものではありません。

新卒で出会った仕事が天職だったら素晴らしいですが、新卒のうち3人に1人は3年以内に転職している事実を見れば、天職に出会える確率は非常に低いと思われます。

天職に出会うためには、自分を良く知ることも大切です。
求人情報を見る前に、自分を客観的に判断することが必要です。
適職診断を受けるとか、家族や友人に意見を聞くなどして、一体自分はどういう人間なのかを知ってください。
今まで思っていた自分と違うことが多いはずです。
まず自分自身を見つめて、理解しなければ天職にはであえません。
自己分析ができると、意外な仕事がピッタリということがわかったりもします。

アイデムの求人情報を検索するのであれば、ある程度エリアは決めなければいけませんが、なるべく多くの求人情報を見るべきですね。

求人情報はとにかく決め付けずにいろいろ見ることだとおもいます。

アイデム&とらばーゆ求人情報収集

アイデムの求人情報:第二新卒特集

アイデムには単なる求人情報だけではありません。
様々な特集記事があります。

今回は「第二新卒特集」をご紹介します。
アイデムに限らず、最近はどの求人情報サイトにも、「第二新卒」という文字が目立ちます。

第二新卒とは?明確な定義はありませんが、新卒に近い若手(25歳くらいまで)というところです。
なぜこの第二新卒が企業から求められているかと言えば、大都市圏の景気上昇に伴う人材不足という背景があるからです。

経験と実績のある転職者はなかなか求人情報を出しても採用できず、人材紹介などを利用すると相当なコストがかかります。

それならば、新卒に近くて社会人経験の少ない、または経験の無い若手を採用し、育てていく方がいいだろうというのが第二新卒採用の戦略ですね。求職者にしても、優良企業に入れるチャンスです。

アイデムの第二新卒特集に出ている求人情報を見てみると、やはり「未経験の方、大歓迎!」などという宣伝文句が多いです。職種としては営業と販売職が目立ちますが、WEBデザイナーや研究開発などの技術系の求人情報もありますよ。

私のような40代には関係ありませんが、ニートやフリーターの方も、第二新卒というカテゴリーに入るならチャンスですよ。
タグ:第二新卒

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。